ノベルティはターゲットを見失わないことがポイント

ノベルティは、企業などが新しいサービスを開始したり新商品を発売したりするときに、主にその販売促進などを目的として配られる記念品です。

さらにその新サービスや新商品を印象づけるためにイベントを開催し、その会場で来場者に配られることもあります。ノベルティはネット注文などで簡単に製作できる様になったこともあり、企業の営業活動で活発に活用されています。しかし、製作した記念品の品質が高く、配った数量も多いのに想定した宣伝効果が得られないこともあります。その原因は主に2つあります。

たとえば、比較的年配の人向けに発売する商品の宣伝のために作ったノベルティが、主に若者が使う様なパソコンやスマホに関連したグッズだった場合、宣伝効果は低いでしょう。なぜなら、若者と年配の人では興味の対象が異なるからです。商品のターゲットとなる世代が興味を持つようなノベルティを用意することが大切です。また、せっかく作った記念品も配り方を間違えると期待した宣伝効果は望めません。

若者向けの新サービスを開始するための宣伝として配るのであれば、繁華街やアミューズメントパークなどその世代が出向きそうな場所で配るべきです。大量に配布したのに今ひとつ反響が少ないという場合は、概してターゲットとする世代があまり居ないエリアで配ってしまっていることが多いです。想定したターゲット世代と異なる人に配ろうとしてもなかなか手にとってもらえず、費用対効果も悪くなるでしょう。ノベルティは、何を誰に宣伝したいかを忘れずに配布することが重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *