ノベルティはターゲットを明確にすること

無償でイベントや街中などで配布するノベルティは顧客に対し、企業や商品などの認知を高めたり、商品を買ってもらいやすくするなどの効果を期待して提供します。

そのため会社で販売している商品やサービスのターゲットが、ノベルティでも想定ターゲットになり、性別・年齢・趣向などで好まれる製品を違うのでターゲットを明確にすることは大事です。提供している商品などが性別に関係ないなら、女性をターゲットにしたほうが効果的だと言われています。女性は男性よりもノベルティに関心が高い傾向があり、家族向けのサービスを扱う企業も購入に対して決定権が大きい女性向けのものを配布するのがいいです。

オリジナルのグッズを製作してもターゲットである顧客に使ってもらわないと意味がないため、販促効果を期待するなら目的のターゲットへ働きかける切り口や戦略を考えます。顧客となる人がその製品を使ってくれる理由を考えて製品を作らないといけません。ノベルティで最も人気があって定番なのは実用的なもので、文房具だと下敷きやボールペン、メモ帳や付箋など誰でも使うことが多くて便利なものです。

ターゲットを選ぶことがないので使わないからという理由で受け取りを拒否されにくく、捨てられるリスクも少ないです。日常で使ってもらうことで商品名・サービス名・企業名を覚えてもらい、さらにお手頃な金額で作れるため製作にかかる費用を抑えたい時にも向いてます。特に、初めてで何を選んでいいか迷ったときにも実用品なら無難と言えます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *