ノベルティ製作は実用的でデザイン性が高いのがいい

ノベルティを製作するときには、まず日常生活でも使える実用的なものがいいです。

例えば日用品の消耗品だと洗剤や石鹸、ティッシュなど何個あっても困らないものだと受け取ってもらえます。文房具関連も日常で使うことが多く、ボールペンやノート、下敷きなどはあると便利なものでターゲットを選ぶこともないです。これらは使えないからと受け取りを拒否されたり、捨てられるリスクが低く、普段から使ってもらうと企業や商品の名前を覚えてもらいやすいです。また、比較的安価で作ることが可能なので予算が限られている時にも向いてます。

よく一体に何に使うのかといった変わったオリジナルのノベルティや、誰かに教えたくなるような面白いグッズも見かけたりします。社風やサービス内容次第ではこの切り口も向いていて、例えば化粧品を扱う会社だと女性の肌を守るための日傘、食料品を扱っていると箸や皿など自社のサービスに関連させたグッズを選ぶのも良いです。サービス内容を顧客へ印象付けることで販促効果も上がります。

他の品と比べてデザインが良いものは長く使ってもらえる可能性も高くなり、女性がターゲットだとお洒落な物や可愛い感じのデザインがいいです。自社ロゴやキャラクターなどがあるならそれを印刷するのも良く、1ヶ月や1年など周期ごとに提供するノベルティならデザインに統一性を持たせてシリーズ化するのもおすすめです。集めてみたいというコレクション欲を刺激して高い販促効果が期待出来ます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *