ノベルティのグッズが明暗を分けるワケ

自社のイベントの際や新商品の販売促進等で、参加者や道行く人に無料で配られるのがノベルティです。

決められた予算内で出来る限り貰った人に喜んでもらえるものを、と担当者はその選び方に苦労をするところですがいくつかのポイントを押さえることで、候補となりそうなグッズの形が見えてくるということもあります。まずは、もらう側の立場に立ってみることです。例えばアンケートから、ノベルティでもらって嬉しいものの中にペンやカレンダーというのがありますが、実はこのペンやカレンダーはもらって迷惑だったグッズにも高いパーセンテージで示されています。

同じ品物なのに、どうしてこのような違いが生まれてくるのでしょうか。これらのグッズを受け取って迷惑だと考える理由に、圧倒的にデザインの好みが合わないというのがあります。ペンやカレンダーは考えようによっては、いくつあっても邪魔にならない物のように思えますが、自社のロゴがデカデカと書いてあったり野暮ったいデザインだったら、恥ずかしくて人前で使いたくないという声も聞こえてきそうです。

また、カレンダー等でも大きさ等によっては使い出が良くなくて、使用しないまま1年が過ぎたなどということもめずらしくはありません。このような結果を見ると、ノベルティを選ぶ際には安易に品物だけを選べば良いというわけではないということが分かります。担当者は品物が決まったら、デザインと実用性についても入念にチェックするように心掛けたいものです。売れ筋の文房具等のデザインや形を参考にするなりして、受け取った人が満足出来るようなノベルティを深く吟味することが成功に繋がるのではないでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *