ノベルティグッズの使い方

ノベルティグッズとは、企業が自分の社名を冠して作るグッズを言います。製造業なら普段から作っている商品の一つがそれになりますが、特にそういったメーカーでもない企業でも、自社の宣伝目的にノベルティグッズを作る事はあります。目的としては、自社の名前が入ったボールペンや付箋、タオルなどはちょっとした粗品に使えます。地域の集まりに持って行けば喜ばれますし、宣伝にもなるでしょう。

売る物ではないので営業などでも持って行ってただ配る、それがノベルティグッズです。内勤が多い会社でも、たまに展示会に出展などの機会があるところは多いでしょう。年に数回のそういったイベントも、会社の名前を覚えてもらうチャンスです。展示会ではしっかりと展示内容を見てもらい、来てくれた人にアピールしつつ、ちょっとした営業トークの合間にノベルティグッズを差し出す事で、話した人に後から思い出してもらう手掛かりになります。

そういった展示会は、見て回る側は多数のブースを回る為、よっぽど印象が強くないと終わってから詳しく思い出せないからです。パンフレットはもちろん名刺も渡しているでしょうが、そこにノベルティグッズがあると印象はまた強くなります。そういったイベントに出展しない企業でも、全く外に行かないという事はないはずなので、ちょっとした機会に営業だけでなく誰でも配れるものを持っているのは良い事と言えます。また、社内で使えるので愛社精神を育む為にも使える手法です。

ノベルティのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *