知っててよかった出産内祝いのマナー

出産内祝いは、身内や親戚、友人からいただいた出産祝いのお返しに贈るのが一般的ですが、自分の家の慶事を周囲のみんなで分かち合おうと、物に感謝を込めて贈るのが本来の意味です。赤ちゃんの名前を披露する意味合いも込められています。出産内祝いで最も気になるのは、いただいた金額や品物に対して品物で返す際の相場です。一般的には、いただいた金額の三分の一から半額相当の品でお返しするのがルールと言われています。

ただ、高額の品をいただいた場合、半額相当の品で返すと、相手にも逆に気をつかわせる結果となります。なので、そのような場合はお返しの相場は三分の一程度と考えるのが妥当です。高価すぎても、低価格すぎてもいけないバランスが重要です。肝心の内祝い品のチョイスも頭を悩ますポイントです。

相手の家族構成を想像しながら品物を探すのは基本ですが、趣味が合わない可能性がある雑貨や小物は避けた方が無難です。賞味期限の長い焼き菓子や紅茶、頻繁につかう洗剤の詰め合わせ、普段は買わない高級な今治タオルなど、消費できる実用品をなるべく選びたいところです。相手の好みが分からない場合はカタログギフトも有効ですが、品物ではなく、あえて温泉への優待など、体験型カタログギフトで選んでもらうのもよいでしょう。もちろん、品物には子どもの名を書いたのしやお礼状をつけるのは最低限のマナーです。

また、出産内祝いを贈るのは、品物だけに限った話ではありません。親しい友人に赤ちゃんをお披露目する意味でもホームパーティーを開いてもてなしたり、両親には高級レストランなどでごちそうするのも喜ばれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *