出産内祝とは贈る品と時期

出産内祝は赤ちゃんが生まれたことに対して贈られたお祝いのお返しとして、感謝の気持ちと赤ちゃんの紹介を兼ねて贈るものです。もともと出産内祝はお祝いを頂いたかどうかにかかわらず、赤ちゃんの誕生したことを親戚や親しい人達に赤ちゃんの名前のお披露目を兼ねて内々のお祝いと言うところから、出産内祝となったとされています。一般的に贈る品の相場としては頂いた金額の3分の1または2分の1程度とされています。贈る時期としては、出生届の提出期限が生後2週間以内で、赤ちゃんの外出許可が出るのは新生児の1ヶ月検診後ということも多いので、出産後2週間から1ヶ月過ぎを目安にするのが良いでしょう。

初めての出産であったり、妊娠出産で体調不良になってしまったりすることもありますし、赤ちゃんと一緒に帰宅してからは生活の変化になれるのも大変な毎日となることも多いため、出産内祝はできれば出産前に準備しておくと良いです。頂く方や金額など大体の予想をつけて、少し多めに準備しておくと意外な人から頂いたと言う場合にも焦らずにすみます。出産内祝の品としては、贈る相手の立場によって何種類かを用意しておくと良いです。家庭がある方や主婦の方の場合には洗剤や石けんなどの生活消耗品、独身の方の場合にはコーヒーやお菓子などのセット、目上の方や何が良いかわからないという場合には好きなものが選べるカタログギフトなども喜ばれる品です。

会社など皆さんで集めていただいた場合には小分けにできるお菓子や、ハンカチギフトなども好まれます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *