出産内祝のマナーとは

主産をお祝いしていただいた出産祝。お返しとなる出産内祝も折角の慶事なのですからマナーを守って失礼のないようにお返しをしたいものです。本来、出産内祝は赤ちゃんが生後1か月になった頃、宮参りの前後に贈るものです。出産のお祝いをしていただいたことへの御礼の品になります。

のしは蝶結びは「何度あっても嬉しい慶事」の時に使う紅白で蝶結びの水引のついているものを使います。表書きは「出産内祝/赤ちゃんの名前」にします。出産内祝は、赤ちゃんからの贈り物でもあるのです。名前の右横には、ひらがなで振り仮名を振るのが一般的です。

読み方がわかりやすい漢字でも、振り仮名は振るようにします。贈る品物については特に避けた方が良いものはないと言われています。一般的な出産内祝いは頂いた出産祝いの2分の1~3分の1の金額と言われています。近頃ではもらった人が好きなものを購入できるという理由で商品券も人気ですが、金額がすぐにわかってしまうため、あまり良くないと思われる方もいます。

そういう時には贈られた方が好きなものを選ぶことのできるカタログギフトなどを利用するのも良いでしょう。品物を贈る際には、カードや挨拶状を入れておくと相手の方の印象が良くなります。直接持っていくことができない人には何の贈り物が届いたのかがわかりません。感謝の気持ちを贈るものですから、相手の方にも気持ちよく受け取っていただくためにメッセージカード程度のもので良いので添えておくと良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *