オリジナルの扇子はノベルティにぴったりです

はるか昔から日本人の生活に寄り添ってきた日用品の一つに扇子が挙げられます。日差しがまぶしい時や少し暑さを感じた時に、懐からさっと出して使うことができる扇子は、暑いときに仰ぐだけではなく、歌舞伎や落語などの世界にも欠かすことができない小道具としても用いられています。扇子の最大の特徴は、なんといっても使わない時にコンパクトに折り畳めることと言えるでしょう。必要になれば一度の動作で開くことができ、現在でいうアイデア商品ともいえます。

暑いときに仰いで涼むだけではなく、様々なシーンでもちいられてきた扇子は、ノベルティにも適したグッズと言えるでしょう。実用的で便利なアイテムであり、使う時に広げれば、そこには企業名やロゴ、商品名やキャッチコピーなどでメッセージを使用者に伝えることができるので、PR効果にも優れているアイテムです。一般的な扇子は紙や布が張り巡らされているものがほとんどですが、オリジナルの扇子であればポリプロピレンを使うことで、水に濡れても破れず、幅広いシーンで活用することができます。ポリプロピレンの素材は半透明で丈夫であり、ここにインパクトのあるデザインをあしらうことによって、宣伝用ノベルティとしても十分に生かされます。

イベントや応援のグッズなどにも最適といえるでしょう。扇子を使うときには開いたり仰いだりするため、その動きが人目に付くことにもなります。アイデア次第では様々なシーンで活用できるオリジナルの扇子は、ノベルティとしても存在感を示してくれることでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *