営業車のラッピングでも自動車関連の作業は簡単です

会社で利用をしている営業車は平成以降では白色のボディの車両が増えている傾向にあります。昭和の時代ではペイントを施して会社の看板的なカラーにしていることも多くありましたが、現在ではシンプルな車両が圧倒的に多いものです。営業車を目立つようにしたり、宣伝を兼ねて走行させることについては、知名度を高めたり運転手のマナー向上にも一役買うことが可能にしています。会社名や電話番号、ホームページのURLなどの情報や、会社のトレードマークを用いたり、キャラクターを用いる方法もあり、アイデア次第で飾り立てることができるものです。

塗装の場合はリース車の場合は不向きな一面があるので、営業車の場合はラッピングを利用することは今では自動車関連では常識的なこととして活用されています。粘着性のあるシートをボディに貼り付けするという方法で、簡単な文字やロゴなどの場合ではラッピングシートを購入してパソコンでロゴなどを作成して、型取りした上で自主的に施工することも不可能ではありません。もう一歩進んでボンネット全体に施工したり、ドアに施工するようなことを希望している会社の場合は、自動車関連の会社でラッピングに対応している会社を見つけると簡単に施工することができます。このような会社の中には、どのようなカラーリングでも作り出せる能力を持っていることも多いものです。

一般的に使われている色だけではなく、メタリック系やパステル系でも表現できるシートを作ることも無理ではないので、自主製作できない場合はこのようなラッピングに強い自動車関連の会社に任せることが一番です。立体駐車場のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*