営業車ラッピングの費用対効果と自動車関連

自社の営業車をラッピングする会社というのはとても多いことで知られています。営業の仕事で車を使って走らせるだけでその会社の知名度を高めることに繋がります。自動車関連の情報誌では、どれほどラッピングに広告の費用対効果があるのかどうかの研究結果が掲載されているのを目にすることがあるのです。テレビコマーシャルを打つよりも遥かに安く自社の宣伝効果を高めることが出来るとあって採用している会社は多いのです。

自社のアピールにもつながるだけでなく、接触する機会を増やすことで自社のイメージアップに繋がると考えられています。気になる費用対効果ですが、自動車関連の情報をみてみるとテレビコマーシャルよりも低コストでありながら効果が高いことがわかります。また、営業車というのは営業活動を行っているエリアで有効に効果を発揮することが出来るため、地元に根ざして企業活動をしている企業であれば、地元で自社のラッピングをした営業車を走行するだけでターゲットである地元の人に対して接触する機会を高めて自社イメージを高めることにつなげることが出来るのです。そのため、高額なテレビコマーシャルを打つよりも遥かに効果が期待できるのです。

自動車関連にラッピングをして走行するということは、多くの人の目に触れることから大変効果的です。また、営業車が走るエリアというのはだいたい限られてきます。営業活動を積極的に行うエリアではその営業者を目にする機会が格段に増えるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*