自社営業車のラッピング広告で自動車関連商品を訴求

自社の営業車などをラッピングカーにすることで自動車関連の宣伝などを行うことができます。多くの企業がラッピングカー広告を導入する一つの理由は、環境に優しく経済的だから。塗装には技術上制約がありますが車両をフイルムのラッピングにするとロゴや商品の写真をイメージ通りにアピールすることができます。さらに、車両ラッピングははがすのもカンタンですし、塗装のように新たに塗り替える必要もありません。

最終的にラッピングカーは価格面でもエコの観点からも大きな利点があります。営業車は自社メディアであり、広告代理店などへの媒体費のかからない宣伝広告です。一度、車両を広告で包んでしまえば、毎月、毎年の広告費がコストカットできます。クルマを使って自動車関連の広告を行うという点でもわかりやすいアピールとなります。

商品名やビジュアルしか掲載されていない営業車でも、ユニークな形状にしたり、凝ったデザインにすることで道ゆく人に興味を持たせることができます。ちょっと前なら、こうした広告を打っても、見た人が関心を持ったこと自体を忘れてしまったり、商品名を忘れてしまったりということがありました。しかし、今ではスマホを使ってWebで調べることできるので、広告により興味喚起させれば、その場で検索して自動車関連の自社商品サイトやスペシャルサイトに誘くこともできます。たとえば、クルマに「プレゼントキャンペーン中。

詳しくは特設サイトで!」などと訴求し、Webを活用したキャンペーンの入口として利用しても良いでしょう。営業車が停まっている際に読み込めるQRコードを用意しておくなど、よりアクセスしやすい工夫をするという手もあります。自走式立体駐車場のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*