自動車関連の営業車のラッピング

自動車関連のラッピングで営業車をラッピングするメリットで一番大きいのは、その車を運転している社員の運転マナーの意識の向上です。営業車はその会社の顔とも言えます。会社の看板をそのまま車にラッピングして走っているのが営業車です。荷物の配送トラックなど自動車関連の車の運転手のマナーの悪さが近年問題となっています。

煽り運転や走行中の電話やタバコの投げ捨てなどマナーの悪さが目立ちます。そのような場合でも営業車を会社の広告でラッピングすることで、その車を運転している社員が「会社の看板を背負っている」ことを意識して、運転マナーが向上することが考えられます。特に車体に会社の電話番号なども掲載されている場合、あまりのマナーの悪さにその会社へクレームの電話が入るケースも多くあります。運転手の名前までは分からないけれど、ナンバープレートの番号で誰が運転していたか分かります。

自動車関連の配送トラックなどでは、車体後部に運転手の氏名の書かれたプレートがある車も多いです。最近ではドライブレコーダーを搭載している車も多くなって来ました。運転マナーが悪ければその映像から会社が特定されるケースもあります。そのような事態を防ぐためにも営業車をラッピングすることはメリットとも考えられるでしょう。

会社のサービスは提供している商品や製品だけではありません。それを届ける社員のマナーもサービスの一環だと考えられます。会社のイメージアップにも繋がる良い広告媒体と言えるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*