ラッピングの使い方次第で自動車関連で大活躍の営業車

近年、路線バスや電車などはラッピングされ、会社や商品を広告宣伝するケースが増えています。会社の営業車にもラッピングを行い、新製品や自社の会社名を宣伝しているものもよく目にしますので、人の目に触れるものは何でも広告宣伝に使う状況です。カーラッピングは車のボディの一部、あるいは全部にフィルムで覆い、そのフィルムはさまざまなカラーリングやデザインを施し、あたかもペイントしたようにできる技術です。所定の目的が終了したら、剥がして簡単に元の状態に戻すことが可能で自動車関連会社も注目しているものです。

会社の営業車などは減価償却が済んで売却を考えたとき、簡単に元のカラーリングに戻すことができますから、フィルムを剥がして簡単に元に戻せることは大きなメリットになります。自動車関連会社も買取が容易になるでしょう。新車の内に自社名などが記されたラッピングを施し会社の宣伝。新商品などが発売されたらその都度その商品をアピールするものに変えるなど、利用の仕方はさまざまあります。

ペイントを行なうやり方もありますが、塗装は剥がす・塗る・乾燥と多くの工程があり、その間は営業車が使用できなくなります。ラッピングなら印刷されたフィルムを車のボディにカバーするだけなので、営業車のダウンタイムの大幅な時間短縮が図れるのです。この技術は応用すれば車を保護することにもつながり、また何層かのフィルムを施行できるようになれば、好きなタイミングでイメージチェンジすることも可能と考えられます。新車当初はホワイト、イメージチェンジしたいときはシルバーなど、フィルムを剥がすたびに好みのカラーが出てくるようにするのです。

自動車関連業界の方いかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*