営業車をラッピングして自動車関連マーケティング

どこの会社でも営業車の1台や2台は最低限保有しているでしょうが、それをちゃんと経営リソースとして有効活用できていないことが意外にも多いものです。営業車を単なる乗り物、移動手段としてしか認識しておらず、そのようにしか活用していない場合は、とてももったいない使い方をしていると言わざるをえません。営業で外にどんどん出ていく車には、ぜひラッピング広告を施して広告塔として活用しましょう。現在この手法を用いた自動車関連マーケティングが盛んになりつつあります。

営業車をラッピングして行う自動車関連マーケティングの良いところは、今ある経営資源を有効に活用できることにあるでしょう。つまり既にある営業用の車を活用すればいいだけなので、何か新しい投資をする必要はありません。車にラッピングをしてやるだけでOKです。あとはその車を使って外に営業に出る度に、自動的に宣伝活動までができてしまうということになります。

自動車関連マーケティングは、まさに一石二鳥の方法ですから、効率を追求する商売人ならば、やらない手はありません。中には大事な営業車のデザインを変更することに抵抗を感じる方もいるかもしれませんが、ラッピングは元に戻そうと思えば、いつでもすぐに戻す事ができます。自動車のボディに貼ったフィルムを剥がすだけなので、さほど時間もかかりません。違う広告に貼り替えることも簡単にできますから、広告を定期的に変更していく場合にも楽に対応することができるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*